お役立ち

Windows豆知識

フォントの使い分け

その他

ご存知のとおり、WordやExcel、メモ帳などのフォントの選択機能に、色々な種類のフォントがインストールされています。
代表的なフォントといえば、ゴシック体や明朝体、教科書体、行書体、英角ポップ体などがあります。 それらの中で「MSゴシック」と「MSPゴシック」といった同じような名前のフォントがありますが、何が違うかご存知でしょうか。

2つのフォントの違いは、文字の幅です。
 
「MSPゴシック」のように「P」がつくフォントを『プロポーショナルフォント』と呼びます。
このフォントは、文字の種類によって文字の幅が異なっています。
他方、Pがつかないフォント「MSゴシック」は、『等幅フォント』と呼ばれ、どの文字を使っても同じ文字幅で表示できます。「プロポーショナルフォント」と「等幅フォント」にはこのような違いがあります。

実際に書いてみると次のようになります。
MSゴシックとMSPゴシックの違い

一般的に、プロポーショナルフォントを使うと体裁の整った文章が作成することができます。実際に、書店に並んでいる書籍などは「プロポーショナルフォント」が使われています。
また英語などの欧文フォントも、「プロポーショナルフォント」になっています。
一方「等幅フォント」は、マス目に合わせたような表記にしたい場合や、字間を綺麗に見せたい場合に使うと良いでしょう。

皆さんも、作成する文書の目的に合わせて、フォントを使い分けてみてはいかがでしょうか。