お役立ち

Windows豆知識

ファイルを簡単に圧縮させる

その他

画像データや文章データをメールで送りたいけれど容量が大きすぎるということがありませんか。
今回は、圧縮ソフトをインストールせずに簡単にファイルをzip形式で圧縮する方法をご紹介します。

zip形式とは zip形式とは、世界的に最も広く使われているファイル圧縮方法の一つです。パスワードの設定や分割機能などがついています。
  1. 圧縮したいファイルもしくはフォルダを右クリックします。

    メニューから「送る」→「圧縮(zip形式)」を選択します。
  2. ファイルやフォルダと同じ場所に圧縮ファイルができました。

圧縮をもとに戻す(解凍させる)場合には、右クリックして「すべて展開」を選択するか、ファイルをダブルクリックします。

ファイルの圧縮には、zip形式以外にもたくさんの圧縮形式があります。
ファイル圧縮に便利な圧縮・解凍ソフト(フリーソフト)をご紹介します。

 +Lhaca
ドラッグ&ドロップ操作でLZH/ZIP形式の圧縮・解凍ができます。
デスクトップやエクスプローラから「+Lhaca」のアイコンに圧縮ファイルをドラッグ&ドロップすると解凍を、圧縮ファイル以外のファイルをドラッグ&ドロップすると圧縮はじめます。
分割機能もついており、圧縮してもファイルサイズが大きい場合はALTキーを押しながら圧縮したいファイルをドロップすると自動的に1.2MB以下のファイルに分割して圧縮してくれます。
 Lhaplus
ドラッグ&ドロップ操作で圧縮が、ダブルクリックすると解凍できる圧縮・解凍ソフトです。
22種類の解凍、13種類の圧縮に対応しています。+Lhacaと同様にパスワードの設定が可能です。
解凍する際にパスワードが不明なときは文字数などの条件を指定して解読することができる機能もあります。