お役立ち

Windows豆知識

ケーブルの種類 〜IEEE〜

その他

つづいてご紹介するのが、IEEEです。

USBと同じく、パソコンと周辺機器をつなぐケーブルとしてこちらのケーブルも良く使われています。
USBに比べより高速なデータを転送することができます。
主にハードディスクやDVD、デジタルビデオなどの映像やマルチメディアのデータに使われ「DV端子」とも呼ばれています。
また、「Fire Wire」「i.Link」と呼んでいる規格もIEEE 1394です。