お役立ち

Windows豆知識

ケーブルの種類 〜USBケーブル〜

その他

パソコンには、大小の様々な端子が並んでおり、接続しているケーブルがなんなのかわからないものがあったりしませんか?
パソコン本体やプリンタ、デジタルカメラなどの接続にはいろいろな種類のケーブルが必要です。
まずは、マウスの接続やプリンタなどの接続で使われているUSBケーブルの形状をみてみましょう。

USB「Universal Serial Bus」の略で、マウスなどの入力機器・プリンタ・スキャナ・モデム・ハードディスクなど幅広い機器で使用され、 使い勝手の良いインターフェイスとして、広く普及しています。コネクタに電源が供給されている為、消費電力の少ないカード・リーダなどは ACアダプタが不要で、使いたい時にケーブルを接続して、終わったらケーブルを抜くだけ使えるという特徴があります。

現在3つの規格のUSBが存在し、キーボードやマウスなどを接続する低速なUSB1.1、ハードディスクなどより高速なUSB2.0、 そして、最近誕生したものがUSB2.0を更に超えるUSB3.0です。

USB3.0の周辺機器側には、USB-Bタイプのポートになります。USB2.0用ケーブルは、USB3.0機器に挿せますが、USB3.0用ケーブルでは、 若干形状が変わる為USB2.0機器に挿すことができません。USB3.0のパソコン側の形状はUSB-Aタイプとなりますので、USB2.0もUSB3.0も挿すことができます。

Mbps とは 「Mega bits per second 」の略で、「メガビーピーエス」と読みます。1 秒間に通信できるデータの容量を指しています。
たとえば、200 Mbps ならば、1 秒間に200 メガビットのデータを送ることができます。

互換性があるため、3つの規格のUSBをそれぞれ接続して使うことが出来ますが、通信速度は、接続端子、および接続機器のいずれかの 低速なものに合わせられてしまうので注意が必要です。
また、USBにはいくつかのコネクタの形状があります。お店でケーブルを購入する際にはよく見てから買うようにしましょう。