お役立ち

Windows豆知識

パソコンのハードディスクの容量が少なくなった場合の対処方法

その他

パソコンのハードディスクの容量が少なくなり、新たにアプリケーションのインストールや データの作成が行えなくなった場合、ハードディスクの増設が有効です。 近年ハードディスクの値段もかなり安くなり大容量のハードディスクが安価に購入することができます。

対処方法1:ハードディスクを増設する

ハードディスクを増設するには内蔵ハードディスクの交換及び増設・外付けハードディスクの増設の 2種類あります。 今回は誰でも簡単に接続できる外付けハードディスクの説明をします。 外付けハードディスクの増設は、ケーブルで繋ぐだけで簡単に、 接続が完了するため非常に簡単です。

外付けハードディスクとは
USBケーブル等のケーブルでパソコンに接続するハードディスクです。
外付けハードディスクは主に3.5インチと2.5インチがあり、デスクトップ用には、 3.5インチ、ノートパソコンには、2.5インチがよく使われます。
2.5インチは持ち運びが楽なので持ち運びが多い人は2.5インチが使われます。
3.5インチと2.5インチの主な特徴は下記になります。

主な特徴
 3.5インチ2.5インチ
3.52.5
容量 〜3TB 〜1TB
金額 500GB:5000円〜
1T:5000円〜
2T:5000円〜
3T:10000円〜
500GB:5000円〜
750GB:5000円〜
1TB:5000円〜
メリット 容量が多い
容量に対して価格が安い
USB接続で電源がなくても動く
持ち運びが楽