お役立ち

Windows豆知識

デスクトップにあるゴミ箱の中身はどこに保存されている?

XP VISTA 7
  ゴミ箱は、各ドライブにXPでは「Recycler」、Vista・7では「Recycle」いうフォルダで保管されています。
 
Recyclerは通常、隠しフォルダになっていてみえません。
隠しフォルダを見えるようにするには、下記の手順で行います。

  1. 「コントロールパネル」から「フォルダ オプション」を開きます。
  2. 表示タブをクリックします。詳細設定の「ファイルとフォルダ表示」の項目の「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れます。
    これで、隠しファイルも表示されるようになります。

メニューでファイルに対して「削除」を実行すると、同じドライブのRecyclerフォルダに削除対象のファイルを移動しているので、 ファイルを削除しても、すぐにはドライブの空き容量は変わりません。

このフォルダは他のフォルダにはない、特殊なフォルダなのです。
ゴミ箱に入れたファイルを元の場所に戻せたり、あらかじめ設定した容量を超えると削除したり、ゴミ箱のアイコンは1つなのに対してRecyclerは、ドライブごとに存在しています。

ドライブを超えて移動させると、ファイルの内容を全てコピーしてから削除することになって、容量の大きいファイルを移動させた場合、とても時間が掛かってしまうため、Recyclerはドライブに1つずつ用意されているのです。