お役立ち

Windows豆知識

簡易共有の設定方法

XP VISTA 7 8


XP

1. 準備

まずはじめに簡易共有の設定を有効にします。

  1. 【スタート→コントロールパネル→フォルダオプション】を起動し全般タブから表示タブへ切り替えます。。
  2. フォルダオプション
  3. 【簡易ファイルの共有を使用する(推奨)】にチェックが入っているかを確認します。
  4. チェックが入ってない場合はチェックしOKボタンを押します。
    これで簡易共有を使用することが出来ます。
    ※ドメイン環境でネットワークを運用されている場合は、簡易共有は使用できません。

2. 共有フォルダの作り方

  1. 共有したいフォルダを右クリックしてメニューを出し【共有とセキュリティ(H)】を選択します。
  2. 全般タブから共有タブへ切り替えます。
  3. ※簡易共有では、WindowsフォルダやProgramFilesフォルダなどは共有できません。
  4. 【危 険を認識した上で、ウィザードを使わないでファイルを共有する場合はここをクリックしてください。】を クリックして進めるとさらにもう一度危険性に対する警告のダイアログがでますが【ファイル共有を有効にする】を 選択しOKボタンを押します。
  5. ※この2つの警告の画面は2回目からは、表示されません。
  6. 【ネットワーク上での共有とセキュリティ→ネットワーク上でこのフォルダを共有する(S)】にチェックをつけ共有機能を有効にします。
  7. 【共有名(H)】の欄にLAN上で公開するフォルダの名前を記入します。
  8. ※本来のフォルダとLAN上で公開する名前を違うものにすることが出来ます。
  9. 【ネットワークユーザーによるファイルの変更を許可する (W)】にチェックを入れることで、他のユーザーからその共有フォルダは読み書きが可能になります。 共有
  10. OKボタンを押して共有を有効にします。共有状態になったフォルダには手のマークが付きます。
    共有

VISTA 7 8

Windows7ではホームグループと呼ばれる共有方法が提供されていますが、これは Windows7同士でだけ利用するもので WindowsXPやVistaが混在する環境では使用せきません。 今回はWindowsXPやVistaが混在する環境で以前のOSにあった簡易共有と同等の共有方法を説明します。

1. 準備

  1. 【コントロールパネル→ネットワークとインターネット→ネットワークと共有センター】からネットワークと共有センターを開きます。
  2. ネットワーク探索(有効にすると他のPCを閲覧できたり他のPCがからこちらのPCを閲覧可能になります。)→ネットワーク探索を有効にする。
  3. パスワード保護共有→パスワード保護の共有を無効にする。
    共有
  4. 変更の保存を押します。

2. 共有フォルダの作り方

  1. 共有したいフォルダを右クリックしてメニューを出し【共有→特定のユーザ】を選択します。
  2. ▼ボタンをクリックし、【Everyone】を選択します。
    ※everyoneで全てのユーザがアクセス可能になります。
  3. 【追加】ボタンをクリックします。
    共有のプロパティ
  4. アクセス許可のレベルを選択して【[共有】ボタンをクリックします。
    共有のプロパティ
  5. 【終了】ボタンをクリックします。
    共有のプロパティ

    ※VISTA・7にはアイコンXPのようなアイコンの変化はありません。