お役立ち

Windows豆知識

2台のパソコンでファイルのやりとりをするためにファイル共有の設定をする方法

XP VISTA 7 8

1. 準備

共有フォルダを利用するユーザー(パソコンの起動時に使用しているユーザーとパスワード)を登録します。 ※パスワードが設定されていない場合は、利用する側のパソコンにパスワードを設定してください。

アクセスされる側(共有フォルダを作成するPC)で、次の手順でユーザーを登録します。

XP
  1. 【スタート→コントロールパネル→ユーザーアカウント】を起動します。
  2. 【新しいアカウントを作成します】リンクをクリックします。
  3. アクセスする側で使用しているものと同じユーザー名を入力し、【次へ】をクリックします。
  4. アカウントの種類を選択し、【アカウントの作成】ボタンをクリックします。
  5. 一覧から作成されたアカウントをクリックします。
  6. 【パスワードを作成する】 リンクをクリックします。
  7. パスワードを入力し、【パスワードの作成】ボタンをクリックします。
    アクセスする側で使用しているパスワードを入力します。
    ※アクセスする側でパスワードを設定していない場合は、上記のやり方でパスワードを設定してください。

XPの場合簡易共有の設定を無効にします。
【スタート→コントロールパネル→フォルダオプション】
からフォルダオプションを表示させ全般タブから表示タブへ切り替えます。
【簡易ファイルの共有を使用する(推奨)】にチェックが入っていない事を確認します。
チェックが入っている場合はチェックをはずしOKボタンを押し簡易共有を解除します。

フォルダオプション


VISTA 7 8
  1. 【スタート→コントロールパネル→ユーザアカウントの追加または削除】を起動します。
    ※【ユーザーアカウント制御】の画面が表示された場合は、【続行】ボタンをクリックします。
  2. アクセスする側で使用しているものと同じユーザ名を入力し、【アカウントの作成】をクリックします。
  3. 一覧から作成されたアカウントをクリックします。
  4. 【パスワードの作成】をクリックします。
    アクセスする側で使用しているパスワードを入力します。
    アクセスする側でパスワードを設定していない場合は、上記のやり方でパスワードを設定してください。

2. 共有フォルダの作り方

XP
  1. 共有したいフォルダを右クリックしてメニューを出し【共有とセキュリティ(H)】を選択します。
    共有のプロパティ
  2. 全般タブから共有タブへ切り替えます。
  3. 【このフォルダを共有する(S)】にチェックを入れます。
  4. 【アクセス許可】ボタンを押します。
    共有のプロパティ
  5. アクセス許可のダイアログでEveryoneを選択し【フルコントロール】にチェックを入れOKボタンを押します。
    登録してあるユーザー全てからその共有フォルダは読み書きが可能になります。
    ※特定のユーザーのみ接続を許可する場合は、Everyoneを削除し【追加】ボタンでユーザーを登録していきます。
    OKボタンを押して共有を有効にします。共有状態になったフォルダには手のマークが付きます。
    共有のプロパティ

VISTA 7 8
  1. 共有したいフォルダを右クリックしてメニューを出し【共有→特定のユーザ】を選択します。
  2. ▼ボタンをクリックし、【Everyone】を選択します。
    ※everyoneで全てのユーザがアクセス可能になります。
  3. 【追加】ボタンをクリックします。
    共有のプロパティ
  4. アクセス許可のレベルを選択して【[共有】ボタンをクリックします。
    共有のプロパティ
  5. 【終了】ボタンをクリックします。
    共有のプロパティ

    ※VISTA・7にはアイコンXPのようなアイコンの変化はありません。