コンクリートキーパー

コンクリートキーパー

コンクリートキーパーシリーズ

コンクリートキーパーとは、ケイ酸リチウムを主体にシランを配合しているコンクリート含浸材です。 一液にケイ酸リチウムを主体に、シランを配合しているためこれまでの含浸材では実現できなかった、ケイ酸塩系の 浸透性・コンクリートの改質効果による耐摩耗性に加えてシラン系のシール性など、両方のメリットを備えています。 また、トップコート材であるコンクリートキーパーネオは、単独でもお使いいただける上、コンクリートキーパーを塗布後に 重ね塗りすることで、耐摩耗性・撥水性をさらに増進します。
一液にケイ酸リチウム主体に、シランを配合しているため、シール効果が高まります。従来技術※1と比べ、透水抑制率が上がり、品質が向上します。※1NETIS新技術情報システムを参照 揮発性の有機溶剤を含まない無臭・無機系の水溶液で、屋外・屋内を問わず、安心して使うことが可能です。
主成分のケイ酸リチウムは、従来の含浸材の主成分であるナトリウムやカリウムに比べ、低粘性で水よりも低い表面張力。そのため、コンクリートの毛細孔・くう隙に深く浸透します。 従来のケイ酸塩系含浸材の多くは2回塗り以上ですが、コンクリートキーパーシリーズは、1回塗りで十分な効果を発揮します。塗布工程及び塗布量が減少することにより、工程短縮・コスト削減を実現します。

補修時代へ


@近年多いのが剥落、崩落防止の外部補修。  外部補修により、水蒸気の出入りが閉ざされた場合、  逃げ場を失った水蒸気がコンクリート内部に留まり、  膨張し、剥落につながる可能性がある。
Aコンクリート表面部の外観変化により、目視点検が  できず、劣化の進行状況がわかりにくい。

@中性化してしまったコンクリート表層部をケイ酸塩系  の成分でアルカリ性に戻し、シラン系の成分で表面部  に撥水層を付与。
A施工後もコンクリート表面部の外観変化がないため、  目視による点検が可能。

中性化にはケイ酸塩系、塩化物イオン浸透抑制 にはシラン系と、二液を塗布しているが、一液 で二つの効果をもつミックスタイプが完成!!

施工事例

発注者
北海道開発局
施工工事名
山部二期地区山部幹線用水路黄金工区工事
施工箇所
水路
施工主目的
長寿命化対策
発注者
国交省北陸地方整備局長岡国道事務所
施工工事名
国道8号長岡高架橋他橋面修繕工事
施工箇所
高架橋のコンクリート部分
施工主目的
長寿命化・アルカリ骨材反応の対策
発注者
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所
施工工事名
拳ノ川橋下部外工事
施工箇所
橋脚・橋台
施工主目的
長寿命化対策
発注者
北海道開発局
施工工事名
用水路工事
施工箇所
流入口調整槽(箱型コンクリート構造)頂版
施工主目的
凍害対策、中性化対策、長寿命化等